協会概要

概要

名称

一般社団法人バイオマス発電事業者協会
(英語表記:Biomass Power Association)

住所

東京都港区高輪3丁目4番1号 高輪偕成ビル5階

設立年月日

団体設立日 : 2016年11月25日

設立趣旨

 我国では、地球環境保全と自然・再生可能エネルギー利用の機運が高まる中、本年7月時点で、商業運転中及び開業時期が決定している木質バイオマス発電所が、全国で大小合わせて180カ所以上あります。世界屈指の森林バイオマスのポテンシャルを背景に、木質バイオマス発電・熱供給システムの設置が全国各地で進められており、再エネ促進、林業再興、雇用・産業創出、地域活性化・地方創生等へ大きな期待と注目を集めています。しかし、異業種からの参入が増え、新産業ならではの問題も多く存在します。

 木質バイオマス発電事業は、FIT制度に基づく施設については20年間にわたり安定運転を継続させていく責任があります。個別企業で、FIT制度の在り方、燃料調達、プラント技術、安全対策等々の様々な問題へ対応していくには限界があり、役所からの問い合わせ等に対しても一元的に対応できる窓口(ワンストップ窓口)が存在しないのが現状でした。

それらの課題に対して、木質バイオマス発電事業の業界が一丸となって、情報共有や情報発信、事業継続・安定経営への環境整備、国への政策提言等の活動を行うことが急務と考え、事業者を主体にした業界活動を担う新団体を設置する運びとなりました。

目的と事業

当法人は、バイオマス発電事業の促進とバイオマス産業の健全な発展を図り、持続可能な循環型社会の構築と地球環境保全の推進に寄与することを目的とし、上記の目的に資するため、次の事業を行う。

(1)バイオマス発電事業に関する調査研究
(2)バイオマス発電事業に関する資料及び情報の収集及び整理並びに情報発信
(3)バイオマス発電事業に関する講習及び研修、普及開発、並びに人材育成
(4)バイオマス発電事業に関する設備機器の品質及び性能の維持向上方策の検討
(5)バイオマス発電事業に関する情報提供、アドバイス及びコンサルティング
(6)バイオマス発電事業に関する関係者及び関連業界関係者の連携の充実
(7)バイオマス発電事業に関する施策及び改善策等の提言
(8)前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業並びに当法人の目的を達成するために必要な事業

役員

代表理事 山本 毅嗣 丸紅株式会社 国内電力プロジェクト部 副部長
副代表理事 北村 真一 サミットエナジー株式会社 顧問
副代表理事 森 一晃 シンエネルギー開発株式会社 取締役副社長
理 事 永野 正朗 株式会社グリーン・エネルギー研究所 専務取締役 事業本部長
理 事 沼 真吾 フォレストエナジー株式会社 代表取締役社長
理 事 平野 久貴 ユナイテッド計画株式会社 取締役社長
理 事 永井 裕介 株式会社レノバ 新エネルギー事業部 副事業部長
理 事 石田 博 株式会社グリーン発電大分 取締役社長
理 事 城谷 誠 日本紙パルプ商事株式会社 執行役員
監 事 廣岡 穣 廣岡公認会計士事務所 代表
顧 問 杉浦 英世 特定非営利活動法人農都会議 代表理事

組織構成